サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 店舗ニュース一覧
  4. 丸善 京都本店
  5. 第2回 安田登さん X 内田樹さん 講演会&サイン会   新潮文庫 『身体感覚で「論語」を読みなおす。』刊行記念 ※受付を終了致しました※

イベント 丸善  京都本店

開催日時:2018年07月18日(水) 19:00~21:00

第2回 安田登さん X 内田樹さん 講演会&サイン会   新潮文庫 『身体感覚で「論語」を読みなおす。』刊行記念 ※受付を終了致しました※

※※お報せ※※
満席につき、受付を終了させていただきました。
たくさんのご予約、誠にありがとうございました。


新潮文庫『身体感覚で「論語」を読みなおす。』

先行き不透明な現代、“生き方指南”は『論語』に求めよ!
『論語』は中国の春秋時代の思想家、孔子の言行や弟子たちとの問答などが記された書物。古来より、日本人の教養・考え方の基本には『論語』があった。 ただし、ここで重要なのは、はたして現代に伝わっている『論語』に書かれた文字は、孔子の生きた時代にも使われていたのだろうか、ということ。そこで本書では孔子時代の文字(甲骨文・金文)にさかのぼって、核心にせまる。甲骨文はそもそも身体や動作を表したものが多い。まさにアニメーション。そんなアニメーションから、身体感覚を導きだし、その感覚で『論語』を読むと一体どうなるだろうか。
能と身体操作法ロルフィングに精通する著者が、身体作法の視点から新たに『論語』の知られざる秘密を解き明かす快著!
かの有名な「四十にして“惑”わず」は孔子の時代には「四十にして「或」わず」だった……。果たしてその意味とは。

●日時:2018年7月18日(水)19:00開演(18:30開場)
●会場:地下2階 MARUZEN CAFÉにて
●整理券:税込1,000円(飲み物代込み) 定員70名
●サイン対象書籍:新潮文庫:『身体感覚で「論語」を読みなおす。』税込594円
※丸善京都本店地下2階レジカウンターにて、整理券を販売しております。
整理券が無くなり次第、配布終了とさせていただきます。
※イベント当日はご来場いただいた方からお並びいただきます。

*お電話でのチケットご予約 承ります*
丸善京都本店 
TEL 075-253-1599

2018/06/04 掲載