サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 店舗ニュース一覧
  4. ジュンク堂書店 池袋本店
  5. 【19:30開演】『翻訳地獄へようこそ』(アルク)刊行記念 翻訳家の天国と地獄

トークイベント ジュンク堂書店  池袋本店

開催日時:2018年07月28日(土) 19:30~

【19:30開演】『翻訳地獄へようこそ』(アルク)刊行記念 翻訳家の天国と地獄

宮脇孝雄(翻訳家・随筆家)

19:00開場
19:30開演

「昼間は(訳書が出た歓びで)恍惚に震えていても、深夜、自分の訳書をこわごわのぞいては、ここはああすればよかった、
あそこはこう訳せばよかった、と頭の中で添削大会が始まって、後悔の嵐に翻弄され…」(本書より)――
その博識ぶりと練達の訳文で業界内でもリスペクトされているベテラン翻訳家・宮脇孝雄氏が、天国と地獄の間で激しく揺れ動く翻訳者の苦悩と奮闘、そして翻訳の奥深さ面白さをお伝えします。
実際の成功例・失敗例も引用しつつ、翻訳のやり方、アプローチ法を実践的に紹介。翻訳者や翻訳志望者、海外文学ファン、英語学習者の皆さんにおすすめです。


【講師紹介】
宮脇孝雄(みやわき・たかお)
翻訳家。40年以上にわたり、ミステリ『死の蔵書』や文学作品『異邦人たちの慰め』など多様なジャンルの作品を手掛けてきた。翻訳に関するエッセイをはじめ、料理や英米文学・ミステリに関するエッセイ、評論も多い。大学などで翻訳講師も務める。
主著:『翻訳の基本』『続・翻訳の基本』『英和翻訳基本事典』(研究社)
主訳書:『死の蔵書』『幻の特装本』『異邦人たちの慰め』(早川書房)
『ジーン・ウルフの記念日の本』『ソルトマーシュの殺人』(国書刊行会)

★入場料はドリンク付きで1000円です。当日、会場の4F喫茶受付でお支払いくださいませ。
※事前のご予約が必要です。1階サービスコーナーもしくはお電話にてご予約承ります。
※トークは特には整理券、ご予約のお控え等をお渡ししておりません。
※ご予約をキャンセルされる場合、ご連絡をお願い致します。(電話:03-5956-6111) 

■イベントに関するお問い合わせ、ご予約は下記へお願いいたします。
ジュンク堂書店池袋本店
TEL 03-5956-6111
東京都豊島区南池袋2-15-5

2018/06/06 掲載