サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 店舗ニュース一覧
  4. MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店
  5. 植朗子さん・阿部海太さんトークイベント 「神話の「声」を聴く」

イベント MARUZEN&ジュンク堂書店  梅田店

開催日時:2018年07月21日(土) 15:00~16:30

植朗子さん・阿部海太さんトークイベント 「神話の「声」を聴く」

創元社刊『はじまりが見える世界の神話』刊行記念
植朗子さん・阿部海太さんトークイベント
「神話の「声」を聴く」

日時:7/21(土)15:00~16:30
場所:MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店 7階Salon de 7
参加条件:無料
定員30名
お席に限りがございますので、お電話・ご来店でのご予約をおすすめいたします。受付は定員に達し次第終了いたします。
(併せて7/10~7/23阿部海太さん原画展『はじまりが見える世界の神話』を開催中です。詳細は下記)

2018年4月に創元社より刊行された『はじまりが見える世界の神話』原画展の開催を記念して、著者である神話研究者・植朗子さんと、画家・阿部海太さんのトークイベントを開催いたします。本書では、本来は口伝えで伝承された神話を、絵と文字の組み合わせで再現することが試みられています。その「声」を再現するためにどのようなアプローチをとったのか、またどのような読み解き方によってその「声」に近づけられるのか。そんな神話との向き合いかたと、現代に神話と向き合うその意味を、絵と言葉の両方からお話していただきます。

植朗子(うえ・あきこ)
ドイツ語圏の伝説・説話研究者。神戸大学国際文化学研究推進センター研究員。1977年和歌山県新宮市生まれ。大阪市立大学文学部国文学科を卒業後、大阪市立大学大学院文学研究科の修士課程を修了。その後、神戸大学大学院国際文化学研究科で博士号を取得。2016年に「未来を強くする子育てプロジェクト・スミセイ女性研究者奨励賞」を受賞。著書に『「ドイツ伝説集」のコスモロジー――配列・エレメント・モティーフ』(鳥影社)がある。現在、兵庫県在住。

阿部海太(あべ・かいた)
絵描き、絵本描き。1986年、埼玉県生まれ。東京藝術大学デザイン科卒業後、ドイツ、メキシコに渡る。2011年から東京にて絵画や絵本の制作を開始。本作りから販売までを行うアーティストとデザイナーによる本のインディペンデント・レーベル「Kite」を結成。Kite刊行の絵本『みち』が全国のセレクト系書店で人気を博し、新装改訂版『みち』としてリトルモアより出版される。その他著書に『みずのこどもたち』(佼成出版社)『めざめる』(あかね書房)がある。2016年夏より兵庫県在住。

_________________________

阿部海太さん 原画展 『 はじまりが見える 世界の神話 』

日時:7/10(火)~7/23(月) 10:00~22:00(土日祝 9:00~22:00)
場所:MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店 7階Salon de 7

下記の時間はイベント使用のため原画展がご覧いただけません。
7/20(金) 17:00頃~閉店まで

2018/07/04 掲載