サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 店舗ニュース一覧
  4. MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店
  5. 『武蔵野をよむ』(岩波新書)刊行記念 渋谷フィールドワーク&赤坂憲雄さんトークイベント 武蔵野の渋谷を歩く。考える。

トークイベント MARUZEN&ジュンク堂書店  渋谷店

開催日時:2018年12月08日(土) 15:00~

『武蔵野をよむ』(岩波新書)刊行記念 渋谷フィールドワーク&赤坂憲雄さんトークイベント 武蔵野の渋谷を歩く。考える。

『武蔵野をよむ』(岩波新書)刊行記念
渋谷フィールドワーク&赤坂憲雄さんトークイベント
武蔵野の渋谷を歩く。考える。
ガイド:伊東弘樹

26歳の青年・国木田独歩が120年前に発表し、一世を風靡した「武蔵野」。赤坂憲雄さんは、岩波文庫にしてわずか28頁のこの短篇を、独歩の日記、古地図、植生や水利等の資料を駆使して徹底的に読みこみ、『武蔵野をよむ』を書かれました。現代の私たちは、武蔵野という言葉に東京の西の地域をイメージするかもしれません。ですが、「武蔵野」という作品には、独歩が渋谷に暮らして見いだした風景が色濃く投影されています。明治の末、渋谷は武蔵野だったのです。独歩の「武蔵野」から、いま、武蔵野学がはじまろうとしています。武蔵野をよむことで、あらたな姿を見せる渋谷へ、東京へ、ご案内いたします。

12月8日(土)15:00~
日時:2018年12月8日(土) 15:00(14時30分開場)~17:00
*ご集合いただいたあと、国木田独歩の旧居跡近辺を散策し(30~45分予定)、店内のイベント会場に戻ってから1時間程度のトークを予定しております。
*トーク終了後、サイン会を開催します。
場所:MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店 イベントスペースにて
入場料:1000円
定員:20名
受付:ご予約が必要です。7階メインレジカウンター、もしくはお電話にて。

赤坂憲雄(あかさかのりお)
1953年、東京都生まれ。東京大学文学部卒。学習院大学教授・福島県立博物館館長。東北学を提唱し、1999年に雑誌『東北学』を創刊。2007年『岡本太郎の見た日本』(岩波書店)でドゥマゴ文学賞・芸術選奨受賞。『異人論序説』(ちくま学芸文庫)、『境界の発生』(講談社学術文庫)、『東西/南北考』(岩波新書)、『遠野/物語考』(荒蝦夷)、『震災考』(藤原書店)、『性食考』(岩波書店)など著書多数。

伊東弘樹(いとうひろき)
1993年、東京都生まれ。学習院大学大学院人文科学研究科日本語日本文学専攻博士前期課程修了。赤坂憲雄さんのもとに学んだ、武蔵野研究者。論文に「はじまりの地としての渋谷――国木田独歩「武蔵野」」(『学習院大学国語国文学会誌』第61号)など。『武蔵野樹林』(KADOKAWA)にコラム「武蔵野検定」を執筆。



お問い合わせ先:MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店 電話:03-5456-2111

2018/11/08 掲載

関連する本