サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 店舗ニュース一覧
  4. ジュンク堂書店 池袋本店
  5. 満員御礼【19:30開演】 歴史の中で、転換期の<いま>はどう見えるのか?

トークイベント ジュンク堂書店  池袋本店

開催日時:2019年02月20日(水) 19:30~

満員御礼【19:30開演】 歴史の中で、転換期の<いま>はどう見えるのか?

成田 龍一(歴史学者・日本女子大学教授)
姜 尚中 (政治学者)

満員御礼 お申込みありがとうございました。


19:00開場
19:30開演

成田龍一『近現代日本史との対話【幕末・維新―戦前編】【戦中・戦後―現在編】』(集英社新書)刊行記念トークイベント

 いま、歴史に対してさまざまな見方が出されています。書店を見渡しても、あらゆる角度から書かれた歴史書が多数並び、注目も高まっているように感じます。「近代」の考え方・見方が問われているということでもあるでしょう。
そんな中、「システム」という観点から、近現代日本の歩みを詳述した通史『近現代日本史との対話』が刊行されました。著者である成田龍一氏は、「いま、世の中で起きている変化や、安倍政権下で行われている改革は、歴史的な文脈の中でどう位置づけられるのか。それを考え、対話していくことが、これからの時代を生きる私たちに必要なこと」と言います。
そのための材料を、『悩む力』『維新の影』などで、日本の近代化について多様な角度から考察してきた政治学者の姜尚中氏と語り合います。

※『近現代日本史との対話【戦中・戦後−現在編】』は2月15日(金)発売予定です。

【講師紹介】
成田龍一(なりた りゅういち)
1951年生まれ。歴史学者。日本女子大学人間社会学部教授。専門は、近現代日本史。主な著書に、『近現代日本史と歴史学――書き替えられてきた過去』(中公新書)、『大正デモクラシー』(岩波新書)、『「戦後」はいかに語られるか』(河出ブックス)ほか。

姜尚中(かん さんじゅん)
1950年生まれ。政治学者。著書は130万部超のベストセラー『悩む力』シリーズ(集英社新書)のほか、日本列島を縦断しながら、明治維新から150年にわたる近代化の歴史を通覧し、その光と陰の側面を凝視した『維新の影』(集英社)など。



★入場料はドリンク付きで1000円です。当日、会場の4F喫茶受付でお支払いくださいませ。
※事前のご予約が必要です。1階サービスコーナーもしくはお電話にてご予約承ります。
※トークは特には整理券、ご予約のお控え等をお渡ししておりません。
※ご予約をキャンセルされる場合、ご連絡をお願い致します。(電話:03-5956-6111) 

■イベントに関するお問い合わせ、ご予約は下記へお願いいたします。
ジュンク堂書店池袋本店
TEL 03-5956-6111
東京都豊島区南池袋2-15-5

2019/01/21 掲載

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。