サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 店舗ニュース一覧
  4. ジュンク堂書店 難波店
  5. 「ヘイト本」に「言論のアリーナ」は有効か

トークイベント ジュンク堂書店  難波店

開催日時:2019年12月28日(土) 15:00~16:30

「ヘイト本」に「言論のアリーナ」は有効か

『私は本屋が好きでした』VS『書店と民主主義』
永江朗(ライター)(聞き手)福嶋聡 (ジュンク堂書店難波店店長)
 ライター・永江朗氏の新刊『私は本屋が好きでした─あふれるヘイト本、つくって売るまでの舞台裏』(太郎次郎社エディタス)刊行記念トークイベントを開催します。
 「ヘイト本」隆盛の理由を求めて書き手、出版社、取次、書店へ取材し、なぜ本屋の店頭に「排除の棚」が出来上がり、無為無策のまま放置され続けてしまうのか、そのしくみを解き明かした本書。
 本書のなかで永江氏は2016年に刊行された当店店長・福嶋聡による著書『書店と民主主義─言論のアリーナのために』(人文書院)について、「ヘイト本と書店の関係について述べた文章でもっともすぐれたもの」と評価しつつ、その実現性や、「ヘイト本」にたいする実効性に疑問を呈してもいます。
 書店を「言論のアリーナ」にすることは可能なのか、それは「ヘイト本」にたいして有効なのか、それとも無力なのか。永江氏に、福嶋店長みずからが聞き手となって、「ヘイト本」現象と「言論のアリーナ」、そして本屋の未来を語り合います。
■永江朗(ながえ・あきら)
1958年生まれ。ライター。書籍輸入販売会社のニューアート西武(アールヴィヴァン)を経て、フリーの編集者兼ライターに。90~93年、「宝島」「別冊宝島」編集部に在籍。その後はライター専業。「アサヒ芸能」「週刊朝日」「週刊エコノミスト」などで連載をもつ。ラジオ「ナルミッツ!!! 永江朗ニューブックワールド」(HBC)、「ラジオ深夜便 やっぱり本が好き」(NHK第一)に出演。
おもな著書に『インタビュー術!』(講談社現代新書)、『本を読むということ』(河出文庫)、『筑摩書房 それからの40年』(筑摩選書)、『「本が売れない」というけれど』(ポプラ新書)、『小さな出版社のつくり方』(猿江商会)など。

『私は本屋が好きでした─あふれるヘイト本、つくって売るまでの舞台裏』
太郎次郎社エディタス 2019/11発売

■会場・受付 … 3階カウンター前特設会場。入場料無料(定員30名)・予約は、カウンターまで。電話予約可。
ジュンク堂書店 難波店 TEL 06-4396-4771 

2019/11/22 掲載

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。