サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 店舗ニュース一覧
  4. ジュンク堂書店 那覇店/MARUZEN那覇店(文具)
  5. 「もう一度『首里城の坂道』へ」 『首里城への坂道』著者・与那原恵さんトークイベント

トークイベント ジュンク堂書店  那覇店/MARUZEN那覇店(文具)

開催日時:2019年12月07日(土) 18:00~

「もう一度『首里城の坂道』へ」 『首里城への坂道』著者・与那原恵さんトークイベント

もう一度『首里城の坂道』へ」『首里城への坂道』著者・与那原恵さんトークイベント

日時:2019年12月7日(土)18時~
会場:ジュンク堂書店那覇店B1Fイベント会場

聞き手:新城和博さん (ボ―ダーインク編集長) 


大正末期から昭和初期、大々的な琉球芸術調査を行い、貴重かつ膨大な資料を残した研究者・鎌倉芳太郎。稀代の記録者の仕事を紹介する本邦初の評伝であるとともに、彼に琉球文化の扉を開いた人々の姿、そしてそれが現代に繋がるまでの熱きドラマを描く。

※ご参加無料
会場にて支援金募金箱を設置します。ご参加の皆さまへは支援金のご協力を宜しくお願い致します。

与那原恵(よなはら・けい)
1958年東京都生まれ。96年、『諸君!』掲載のルポで編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞作品賞を受賞。2014年、『首里城への坂道―鎌倉芳太郎と近代沖縄の群像』で第2回河合隼雄学芸賞、第14回石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞を受賞。『帰る家もなく』(2018年 ボーダーインク)、『赤星鉄馬 消えた富豪』(2019年 中央公論新社)など。

新城和博 (しんじょう・かずひろ)
1963年沖縄・那覇市生まれ。編集者。琉球大学法文学部社会学科社会人類学コース卒業。月刊誌「青い海」、 沖縄出版(「まぶい組」として『おきなわキーワードコラムブック』などを編集)をへて、1990年ボーダーインクの創立に参加。コラムマガジン「Wander」を1990年創刊から2005年の終刊まで編集長として関わる。現在、ボーダーインクの編集として勤務のかたわら、沖縄に関するエッセイを執筆したり、ぶらぶらと那覇まちを散歩している。『ぼくの沖縄〈復帰後〉史』(2014)『ぼくの〈那覇まち〉放浪記』(2015)(以上ボーダーインク)など。

2019/11/26 掲載

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。