サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ジュンク堂書店 ロフト名古屋店書店員レビュー一覧

ジュンク堂書店 ロフト名古屋店書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

書店員:「ジュンク堂書店ロフト名古屋店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|ロフト名古屋店

医療4.0 第4次産業革命時代の医療 未来を描く30人の医師による2030年への展望 加藤浩晃 (著)

医療4.0 第4次産業革命時代の医療 未来を描く30人の医師による2030年への展望

「医療×テクノロジー」の未来は?

テクノロジーの進化を医療にどう落とし込むか?
本書はまず筆者が、現状と展望を分かりやすく解説。
「遠隔医療」「AI問診」「ウェアラブルデバイス」「ロボット活用」「ビッグデータ」etc...
続いてそれぞれの分野で新たな取り組みをしているトップランナー達の紹介。

医療行政関係者必見!新たな取り組みに援助の手を。
多角化を考えている企業や、起業を考えている方、
新しいビジネスチャンスが見つかるかも。

医学書担当 小引

書店員:「ジュンク堂書店ロフト名古屋店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|ロフト名古屋店

北欧式眠くならない数学の本 クリスティン・ダール (著)

北欧式眠くならない数学の本

これが北欧式

原書はスウェーデンで1994年に出版され大ヒットした数学書。現在まで世界各国で翻訳されているロングセラーの邦訳版が本書だ。
オールカラーのページには北欧の絵本のような挿絵が満載で、絵を眺めるのも楽しい。読者は小学生以上を対象としているので、難しい漢字にはルビがふってあり、解説もたいへんわかりやすい。
解説の後には、「やってみよう」という問がある。絵の具や紙やひもなど身の回りの材料を用い、自分の手と体を動かして解く問題だ。こうすることで、算数・数学が目の前の世界に確かに存在するという事実を読者は体感する。
「眠くならない~」という書名に偽りはない。ぼんやりと読むだけの本ではないので、どうやったって眠くなるわけがない。数学嫌いにこそ手に取ってほしい。

ロフト名古屋店 理工書担当 中村

書店員:「ジュンク堂書店ロフト名古屋店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|ロフト名古屋店

精神科医はそのときどう考えるか ケースからひもとく診療のプロセス 兼本 浩祐 (著)

精神科医はそのときどう考えるか ケースからひもとく診療のプロセス

精神科医はそのときどう考えるか?

筆者が勤務している大学病院の精神神経科で行われている
ケース討論会をモチーフに書かれた本書。

事例ごとに患者へのアプローチの仕方を
筆者と読者で確認しながら読み進めていける一冊。

どう向き合うのが正しいか?実体験を基にしているので、
人のこころの動きやその患者の要望や会話だったり
いろんな事例に触れる機会がここにはある。


考えさせられる一冊。ぜひ一度読んでみてほしい。


                         理工書担当 伊藤

書店員:「ジュンク堂書店ロフト名古屋店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|ロフト名古屋店

十三階の神 吉川英梨 (著)

十三階の神

『十三階の女』がさらにパワーアップした。

公安の秘密組織「十三階」に所属する黒江律子を主人公とした『十三階の女』の続編。発売時期が偶然にも重なったが、かつて地下鉄テロを起こした新興宗教団体の教祖の死期が迫っているという状況を背景にした公安組織の混乱と、「十三階のモンスター」として前作よりもパワーアップした律子の姿が描かれる。誰も心からは信用できない公安ならではの厳しい状況に、二転三転する本当の敵の姿……。最後の最後まで息もつかせぬ展開で引きつけるサスペンス小説。

書店員:「ジュンク堂書店ロフト名古屋店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|ロフト名古屋店

パソコンのしくみ CPU、スマホ、クラウドなど最新テクノロジーがわかる! 新版 高作 義明 (著)

パソコンのしくみ CPU、スマホ、クラウドなど最新テクノロジーがわかる! 新版

一周回って必要な本

「今さら?」と思ったあなた、なんとなく分かっているだけでは?
漠然とパソコンに苦手意識がある人も多いはず。

本書は2018年6月の最新情報に対応。スマホやクラウド、仮想通貨の記載も有り。
改訂を重ねて初心者の方にも分かりやすく図やイラストで解説。

2020年には小学校でプログラミング教育が始まり、パソコンがより身近になる時代。
お子さんやお孫さんにいい所を見せるも良し、一緒に読むも良し。
聞くは一時の恥・・・だが、この本に聞いたら密かに知る事が出来るかも。


PC書担当 小引

書店員:「ジュンク堂書店ロフト名古屋店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|ロフト名古屋店

病院というヘンテコな場所が教えてくれたコト。 現役看護師イラストエッセイ 仲本 りさ (著)

病院というヘンテコな場所が教えてくれたコト。 現役看護師イラストエッセイ

病院は想像以上にヘンテコな場!!

本書は現役看護師が病院で働きながらも、日々起こった出来事を描き続けた絵日記を収めたイラストエッセイ本。
病院にはスタッフ、患者とさまざまな年代の老若男女がおり、元気になる人もいれば生死に関わる重症な人もいる。初めて余命わずかな患者さんの担当になったこと、先輩からの厳しい指摘、先生から気づかされ学んだこと、友人である同期から勇気をもらったり……
病院という場所で働いているからこそ見えてくる「普通」という日常のありがたさ、楽しさ、悲しみ、悔しさ。
この本を読み終わったあと、心に何かが響いてくるだろう。

医学書担当 中山

書店員:「ジュンク堂書店ロフト名古屋店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|ロフト名古屋店

17×63鷹代航は覚えている 水生大海 (著)

17×63鷹代航は覚えている

オレがジジイで、ジジイがオレに!?

「なぜ入れ替わる相手がジジイなんだ。フツー、女の子だろ?」という嘆きもよくわかる。ある事件をきっかけに自分の祖父である章吾(63歳)と主人公・鷹代航(17歳)は中身が入れ替わってしまったのだ。家族とはいえ性格も対照的なふたりが入れ替わり、それぞれの姿で生活を始めたのだからそれだけでも騒動が起こる。きっかけとなった事件の犯人もその狙いもわからないままだ。周囲に言えない秘密をかかえたふたりが協力して難題に立ち向かうバディ&ジェネレーションギャップ・ミステリー。謎解きの要素はもちろん楽しめるし、違うカラダと視点を手にしたことで変わる心情と航くんの人間的な成長も読みどころだ。

書店員:「ジュンク堂書店ロフト名古屋店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|ロフト名古屋店

できるゼロからはじめるiPad超入門 Apple Pencil&新iPad/Pro/mini 4対応 (できるシリーズ)法林 岳之

できるゼロからはじめるiPad超入門 Apple Pencil&新iPad/Pro/mini 4対応(できるシリーズ)

できるゼロからはじめるiPad超入門

あらゆる年代の方でもパラパラとめくるだけで、
すぐに、明日からでも、操作できる 『iPadアイパッド』 の超入門書。

カラフルで、見やすく、自分が操作しているときの画面で説明してあるので、
ちょっとした空き時間でも読める手軽さが本書には備わっている。

アイパッドって何ができるか? よく知らない人もこれから購入を考えている人にも
日々の生活をより便利にできることがわかる1冊。

ぜひ一読してもらえたら、と思う。



理工書担当 伊藤

書店員:「ジュンク堂書店ロフト名古屋店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|ロフト名古屋店

単位と記号パーフェクトガイド 目で見て実感!くらしで出会う単位と記号がすぐにわかる 単位と記号パーフェクトガイド編集チーム (編)

単位と記号パーフェクトガイド 目で見て実感!くらしで出会う単位と記号がすぐにわかる

身のまわりにあふれる単位や記号

単位や記号は私たちの生活をより便利に豊かなものにしてくれる役割を持っている。
 だが算数や理科などで習っていても大人になると忘れてしまうもの、あるいは今まで理解していたつもりでもなかなか言葉で説明することが難しい記号もあるのではないだろうか。
本書はそんな身近にある単語や記号を丁寧に、かつ写真や絵、見やすい文字で教えてくれる一冊である。
 今までの素朴な疑問やモヤモヤもイメージすることで感覚的に捉えることができるだろう。

理工書担当
上村

書店員:「ジュンク堂書店ロフト名古屋店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|ロフト名古屋店

臨床検査専門医が教える異常値の読み方が身につく本 村上 純子 (著)

臨床検査専門医が教える異常値の読み方が身につく本

検査データは雄弁

検査値の見方・読み方の本は数あれど、本書が画期的なのは、ほぼ検査の結果だけで患者の病態を解析しようとする点だ。臨床面接や身体診察なしに臨床推論能力を鍛えるこの手法は、『RCPC』という確立された学習法。
臨床の現場で本当に必要とされる「検査力」が身に付く書籍として、発売以来好評の書籍だ。
多業種連携の医療現場においては、医師のみならず各医療スタッフに必要な「検査力」。ぜひ本書で培っていただきたい。

医学書担当 中村

書店員:「ジュンク堂書店ロフト名古屋店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|ロフト名古屋店

Photoshop & Illustratorデザインテクニック大全 楠田諭史 (著)

Photoshop & Illustratorデザインテクニック大全

いろんなテクニックが満載!

フォトショップやイラストレーターで想像した絵やグラフィックが1回で思い通りに描くことができただろうか。何回も書き直してようやく完成した方が多いと思われる。その原因はなんだろうか。テクニックや加工方法を知らないと思われるのならば、本書を参考にしてみてはどうだろうか。
「大全」と書いてあって89個のテクニックや加工方法が載っている。炎、水、光を使った加工、手描き感、アナログ加工、光沢感のある映画タイトルのような金文字、油絵のような加工、イラスト加工…様々なテクニック、加工が丁寧に解説されている。加工、テクニックごと紹介ページにフォトショップかイラストレーターどちらで作られたのかも書かれている。
参考になるもの、また作ってみたいもの、自分が想像していたテクニックと似ているものが見つかるかもしれない。

PC書担当 中山

書店員:「ジュンク堂書店ロフト名古屋店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|ロフト名古屋店

マンガでわかる溶接作業 野村宗弘 (漫画)

マンガでわかる溶接作業

溶接女子や工場の新人さんにピッタリ!

最近ではDIY好きが高じて溶接に手を出す女性も多いとか・・・
家庭用溶接機も手ごろな値段の女性向けでかわいい色のものがあるそうだ。
たしかに自作のアイアン家具やアクセサリーなんてカッコイイ!
その上資格も取ったら手に職ついて心強いのでは?

本書はマンガでわかりやすく解説していて楽しく学ぶ事が出来る。
「とろける鉄工所」という人気コミックの登場キャラクターたちが活躍するので
懐かしく思い出す人も多いだろう。両方読めば面白さ倍増間違いなし!
ただしこのコミックは品切れのため電子書籍か中古でお探しを・・・

工場にお勤めの、若い人に教えるのが苦手なベテランの方や、
どうやって勉強したら良いか悩んでいる新人さんにも、おすすめ!

理工書担当 小引

書店員:「ジュンク堂書店ロフト名古屋店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|ロフト名古屋店

CSがつくった最高の病院 柿原 まゆみ (著)

CSがつくった最高の病院

信頼を勝ちとるための地道な努力

患者の心を満たす病院はCS(患者様満足)とES(職員満足)の両方がないと成立しない。石橋内科、広畑センチュリー病院はそれを叶えた数少ない病院である。
 本書の中では患者の信頼だけでなく職員の信頼を勝ちとる重要性も書かれている。信頼の基になっているのはクレド(信条)という概念である。クレドは絶対に守らなければいけないルールではない。けれども院長など上の立場の職員がプロ意識を持って日頃から実践している。
 どの職場でも職員同士の価値観のズレは必ず起こるものだが、クレドがあることでお互いの信頼関係ができ、患者にとってのよりよい病院づくりにもつながっていると感じた。

医学書担当
上村

書店員:「ジュンク堂書店ロフト名古屋店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|ロフト名古屋店

「おいしさ」の科学 素材の秘密・味わいを生み出す技術 (ブルー・バックス)佐藤 成美 (著)

「おいしさ」の科学 素材の秘密・味わいを生み出す技術(ブルー・バックス)

おいしさを追求したくなる本

「?。」身近にある食材や調味料などに日々接していると、ふとした疑問がハッと
頭の中でよぎることがある。この1冊はそういったおいしさの根源やメカニズムを
わかりやすく説明してくれているオムニバス形式の1冊だ。

野菜や魚、肉などは勿論、脳がどう味を捉えるか?、、、などさまざまな角度から
筆者が研究者にインタビューした日常の研究の成果が端的にまとめられている。

この本を読んだ読者は、新たな知識のなかで今まで感じていたおいしさとは
また違った「おいしさ」の感覚を普段行っている食事などで再認識できるかもしれない。

入門編にもオススメ。

書店員:「ジュンク堂書店ロフト名古屋店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|ロフト名古屋店

ゲームする人類 新しいゲーム学の射程 中沢新一 (著)

ゲームする人類 新しいゲーム学の射程

ゲームが国民性を浮き彫りに・・・

RPGのラスボス手前でやめた事はありますか?
もちろんラスボスが強くてあきらめたわけではなく。
MMOでソロプレイしますか?
ゲームに取り組む姿勢は、勝利至上主義ですか?
それとも求道的ですか?美意識はありますか?

このような事から日本人の国民性を論じる
第3章「日本ゲームのオリジナリティ」は秀逸だ。
詳しくは本書をぜひご覧いただきたい。

最高学府の出版会が出した本の中で個人的に面白さNo.1。

書店員:「ジュンク堂書店ロフト名古屋店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|ロフト名古屋店

からだのトリビア教えます こんなにも面白い医学の世界 中尾 篤典 (著)

からだのトリビア教えます こんなにも面白い医学の世界

あなたはいくつ知っていますか?

あなたは「からだ」のトリビアをどれくらい知っていますか?
本書では医学の視点から見た雑学的な疑問、不思議な疑問、昔実際に起きた出来事をわかりやすく解説しています。
「吸血鬼は感染症だった?」「3秒ルールは本当か?」「イヌイットの血はさらさら?」「食事の後に運動するとわき腹が痛くなるのはなぜ?」など、40項目の疑問が書かれています。
頭の中に残っていた疑問が解明されるかもしれません。また、お友達に自慢したくなるかもしれません。

書店員:「ジュンク堂書店ロフト名古屋店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|ロフト名古屋店

人間の未来AIの未来 山中 伸弥 (著)

人間の未来AIの未来

AIから学ぶ人間の可能性

ノーベル賞学者である山中伸弥氏と国民栄誉賞棋士である羽生善治氏。一見まったく異なる分野の最先端にいる2人だが共通していることがある。
 それは人間の可能性に大きく触れている点である。
 羽生氏の将棋AIの話ではAIは一瞬の時間で一番最善の打ち方をするが、人間は継続性・一貫性を重視する傾向があり、その特有のこだわり・美意識によってAIに負けてしまうこともある。その一方でips細胞のようなすでに体の一部となってしまった細胞を再び受精卵の状態に戻し再生しようとする発想もある。
 2人の対談では改めて人間が「創造」できるものだと示し、人間の「創造」によってできたips細胞やAIからあらたに学びなおすことで成長できる人間の将来性を気づかせてくれた。

PC書担当 上村

書店員:「ジュンク堂書店ロフト名古屋店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|ロフト名古屋店

笑う数学 日本お笑い数学協会 (著)

笑う数学

キスするのに最適な身長差を三角比で求めてみた。

お笑い芸人や数学のお兄さん、元国税局職員、予備校講師、数学ファンという数学エキスパート集団からなる日本お笑い数学協会。本書は彼らによる数学おもしろ小ネタ集だ。シュールなイラストの効果もあり、数学本の中では異彩を放っている。

紹介されているのは、100個の笑える小ネタ。
仕事から恋愛まで日常に使えるネタや、小・中学生にウケそうなネタ、「ガチで試験に使える」ネタまで多岐に渡る。例えば、「枝豆の殻を一度も引かず、枝豆を食べきれる確率」や「横軸をひろみとする」「年齢別年齢の褒め方」など目次を見ているだけでも笑えてきてしまう。
どの話も1、2ページで書かれているので、雑談やデート、飲み会のネタとして披露する前にささっと予習できるのがありがたい。
「笑い」という切り口から数学にアプローチした本で、読後は「数学って笑えるのだ」と実感できた。

理工書担当 中村

書店員:「ジュンク堂書店ロフト名古屋店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|ロフト名古屋店

いつか見たあのイメージを再現できるPhotoshopアイデア帳 マンガ・アニメ・映画・アート MdN編集部 (編)

いつか見たあのイメージを再現できるPhotoshopアイデア帳 マンガ・アニメ・映画・アート

やってみたい!をあきらめないで

映画やコミックで目にした名シーン。プロのグラフィックアーティストがどんな風にデザインしているのか気になるけど、自分にもできるのかな?空想世界のようなイメ―ジを再現できないんじゃないかな?
もう、そうやってあきらめなくてもいいんです!あなたの願いを叶えてくれる本が登場しました。

本書は、どこかで見たような心惹かれるグラフィックの再現技法をわかりやすく解説します。
まずは「マンガ風味」「イラスト風味」「ファンタジー風味」「SF風味」「アート風味」という5つの章から、作りたいイメージを選んで解説通りに練習してみましょう。
お手本通りにデザインできたのちは、次第にアレンジを加えて自分の作品に仕上げていく楽しさも味わえるはず。
写真加工やレタッチに挑戦したいPhotoshop初中級者は必読です。

PC書担当 中村

書店員:「ジュンク堂書店ロフト名古屋店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|ロフト名古屋店

アルツハイマー病真実と終焉 “認知症1150万人”時代の革命的治療プログラム デール・ブレデセン (著)

アルツハイマー病真実と終焉 “認知症1150万人”時代の革命的治療プログラム

アルツハイマー病って生活習慣病?

表題はあくまで私個人の感想で、本書を読んでもどこにもそんな記載はありません。
しかし本書に書かれた予防法や治療法を見ていくと、生活習慣病対策や健康に関して
意識高い系の人たちのやっている事に一致する部分が多いように思われるのだ。
健康的な生活を送る事は、さまざまな疾病から身を守る事につながるのかもしれない。

本書が秀逸なのは、アルツハイマー病の診断や認知機能検査、
さらには認知機能回復のプログラムを確立している事だ。
ますます加速する高齢化社会において医療費の削減やQOL等、
様々な問題を解決する可能性を秘めているのかもしれない。

100 件中 1 件~ 20 件を表示