サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂書店 新宿店店員

書店員:「ジュンク堂書店新宿店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|新宿店

空襲と文学 W.G.ゼーバルト (著)

空襲と文学

本書の前半部分を占め...

本書の前半部分を占め、全体のタイトルともなっている、1997年のチューリヒ大学での著者の連続講演に基くこの小論が、その後のドイツ文壇や歴史学界に引き起こした論争の顛末については、補足として付された後日談(第三章)や巻末の細見和之氏の解説に、そのおおまかな経緯が記されている。
たしかに物議をかもす内容であるのは確かだろう。またこれに先行する形で起こっていたいわゆる〈ドイツ歴史家論争〉とも、幾分かその問題領域が重なっているようにとられたことも、事態をややこしくした要因かもしれない。
だが、本文を一読してわかるとおり、著者のめざすところが、この知られざる空前の惨劇の新たな神話化でもなければ、ましてや自国の国家的な〈加害〉行為の負の遺産目録を、その反対の〈被害〉の事例によって相殺させることなどではさらさらないことは明白である。徹底的な破壊の記憶を能うるかぎりありのままに言葉で表現しておくこと──「潰滅した世界の瓦礫」の前で、恐怖に眼を瞠ったまま未来へと流されてゆくあの〈歴史の天使〉の名において。
各々の作家の眼を通してこうした主題を別の形で追求してみせた、併録のアメリー論やヴァイス論も必読。井上

100 件中 1 件~ 20 件を表示