サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂書店 千日前店店員

書店員:「ジュンク堂書店千日前店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|千日前店

耳刈ネルリと奪われた七人の花婿 (ファミ通文庫)石川 博品 (著)

耳刈ネルリと奪われた七人の花婿(ファミ通文庫)

2巻です。 今...

2巻です。

今巻では、ネルリ達一年十一組が演劇をすることに。
その裏でまた何やら……。
そして主人公レイチは父親と相対することに……という巻。

前巻ではケレン味溢れる一人称妄想地文が躍っていましたが、そのケレン味が少し減っているんです。
かわりに、会話文の中にそういったもののが少し増えていく。

これ、「自分へのごまかし」が減っていき「他者との距離が縮まっていく」ともとれるんですよね。
「文章」で主人公の成長が見えるようになっているんです。

そして何より後半を覆う演劇……というかミュージカルシーン。
作者の語彙、表現力のみならず言葉のリズム感までもが遺憾なく発揮され、物語が徐々に祝祭空間へと変貌していく。
これだけのものを描ける人はなかなかいないのではないでしょうか。

そしてラストシーンでは、レイチがひとつの事実を認め、最終巻へと至るのです。

(卯)

100 件中 1 件~ 20 件を表示