サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

丸善 札幌北一条店店員

書店員:「丸善札幌北一条店」のレビュー

丸善
丸善|札幌北一条店

謝罪代行社 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ・ブックス)ゾラン・ドヴェンカー (著)

謝罪代行社(ハヤカワ・ポケット・ミステリ・ブックス)

「誰かの代わりに謝る...

「誰かの代わりに謝る会社を作ったら儲かるのでは?」と考えた元新聞記者と
その仲間が、謎の人物からの依頼を受けたばっかりに殺人事件に巻き込まれ、
さらに別の謎の人物に命を狙われる。仲間同志も疑心暗鬼に陥いる中、
いよいよ二人の謎の人物が姿を現す。
二人の目的は・・・?

語り手がころころ変わる上に時系列の入れ替えが行われており、
登場人物が少ない割に読み進めるのに苦労する。
後半、謎が少しずつほぐれていくのと比例して、
登場人物「全員」の復讐心と緊張が高まっていく。
ドイツのミステリ作家といえば、「治療島」のフィツェックが日本では先に紹介されているが、
両者に通ずる、登場人物があまり心情を読者に対し吐露しない寒々しい感じと、
舞台の無機質さは、良い意味で貴重であり、米英ミステリではあまりお目にかからない。
二人目の謎の男の拷問が怖すぎ。

サト

100 件中 1 件~ 20 件を表示