サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂書店 新宿店店員

書店員:「ジュンク堂書店新宿店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|新宿店

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)松下 竜一 (著)

ルイズ 父に貰いし名は(講談社文芸文庫)

取材の申し込みを受け...

取材の申し込みを受け、「父母(大杉栄・伊藤野枝)の事は少しも憶えていない」からと断ろうとしたルイさんに対し、著者はこう言って遮ったという。「いいえ、聴かせてほしいのは、あなた自身の事なんです。ご両親が殺されたところから始まる、あなた自身の物語です」と。
戦中から戦後へと著しい変転を遂げつつ続いてゆく背景の社会の空気も、前景における主人公や他の姉妹たちをめぐる出来事も、やはりどうしても暗く、痛苦にみちた色調が支配的となる本書の叙述にあって、なおどこか一縷の明るさと不思議なほどの静穏さの印象を与えるものこそ、この一見どこまでも控え目で受身にもみえる主人公ルイさんの人間性の核にある、すぐれて向日的な力であるように思えるのだが、そうした機微については、例えば著者の関心が最初からもう少し大杉や野枝の方に傾いていたとしたら、果たしてここまで繊細に捉え得ていたかどうか。その意味でも両者のこのタイミングでの出会いは、まことに幸福な偶然であったといえよう。
ただ黙々と日々の苦難に耐え、不憫な孫たちに愛情を注ぎ続けた祖母ウメの姿が、大杉らの生き様との対比のなかで、ひときわ共感深く描かれ、胸を打つ。井上

100 件中 1 件~ 20 件を表示