サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂書店 千日前店店員

書店員:「ジュンク堂書店千日前店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|千日前店

奥ノ細道・オブ・ザ・デッド (スマッシュ文庫)森 晶麿 (著)

奥ノ細道・オブ・ザ・デッド(スマッシュ文庫)

突如として屍僕(=ゾ...

突如として屍僕(=ゾンビ)に溢れた江戸の町。
原因究明の命を帯びた松尾芭蕉は、弟子の曾良と共に江戸を旅立つ……。

ネタ小説かと思って読んだら狂っていた。

物語は基本的に曾良の視点で進みます。
……が、まずもって曾良が男の娘になっています。
しかもそこにはそれ相応の動機があるという。
そして変態か変人かゾンビしか出ません。
芭蕉は変人。
屍魚、屍鳥、屍馬、屍蟹、屍不如帰、屍ミイラ。

形式や筋などは『奥の細道』をちゃんと踏襲していて、「行く春や鳥啼き魚の目は泪」など実在の句も詠まれるのに、そこに至る流れがゾンビ。
無理なくゾンビ解釈で詠まれる一句。
わけがわからないよ。

『奥の細道』をベースに、ゾンビと変態、忍者と陰謀に陰間趣味で彩った奇作。

明らかに続編のありそうな終わり方をしており、その点は注意していただく必要がありますが、ゾンビもの好き、大間九郎作品や舞城王太郎「九十九十九」あたりを楽しめる方なら、ある意味オススメ出来る作品です。

ところでこの著者、先日「アガサ・クリスティー賞」を受賞したとか。
ギャップがありすぎてそちらも期待しちゃいますね。

(卯・オブ・ザ・デッド)

100 件中 1 件~ 20 件を表示