サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂 千日前店店員

書店員:「ジュンク堂書店千日前店」のレビュー

ジュンク堂
ジュンク堂|千日前店

図書館の主 1 (芳文社コミックス)篠原 ウミハル (著)

図書館の主 1(芳文社コミックス)

ところで私、幼い頃に...

ところで私、幼い頃に読書をした記憶があまりないんですよ。
今になって、「あの頃読んでいたらな……」なんて本に出会うこともしばしば。

さておき。

タチアオイ児童図書館。
そこには名物司書がいる。

無愛想で口は悪いが、子供には懐かれ仕事は一流。
そんな「児童書のソムリエ」御子柴と、図書館へやって来る利用者達とを描いたお話です。

様々な事情を抱えた利用者達が、御子柴から時にはぶっきらぼうに、時には喧嘩腰に渡される一冊の児童書。
けれど利用者達は、そのたった一冊の児童書で、そこから出る糸口を見つけ出していきます。

後半にはオーナーと御子柴が出会い、この図書館を始めるまでのエピソードが収録されているのですが、そこで御子柴が口にしたこと。
それは書店員、図書館司書のみならず、本を愛する全ての人が共感出来ることなのではないかと思います。

この本は漫画で、扱われるのは児童書ではあります。
けれど、大人も子供も関係なく、本を愛する多くの方に読んでいただければと願う一冊です。

(卯)

100 件中 1 件~ 20 件を表示