1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

丸善 札幌北一条店店員

書店員:「丸善札幌北一条店」のレビュー

丸善
丸善|札幌北一条店

メルカトルかく語りき (講談社ノベルス)麻耶 雄嵩 (著)

メルカトルかく語りき(講談社ノベルス)

〈結末をシレッと漏ら...

〈結末をシレッと漏らしている個所があります。未読の方はご注意。〉

一般的にミステリ(ミステリーではない)において、探偵とは、事件を”解決”する者のことである。

麻耶の作品は癖が強く、新作ごとに読者が精選(あるいは離脱)されているはずなので、
本書を読もうとしているミステリ読みはそれなりに耐性があるはずであろう。
逆に、初めての麻耶作品が本書だったら、と考えると気の毒としか言いようがない。
そうはいっても自身が犯罪に関係していたり、自ら犯罪を招いたり、事件を解決する気さえ無く、
あげくに死体を前にして「死体はない」、
と飄々と言う”銘”探偵を前にしては、ファンでも途方に暮れるだろう。
後記クィーン問題もメタも何もかも歯牙にかけない、実験的本格ミステリの極北だ。
「隻眼の少女」を読んで、最近少しづつ迎合してきたんじゃないか?と思ったらこれだ。
麻耶は、「隻眼」で初めて麻耶ミステリに触れた読者に本書で踏み絵をさせようとしているのではないか、
とは勘ぐりすぎだろうか?「俺が本気出したらこうだぞ!覚悟しとけ!」と。
麻耶にはこのまま孤高を極めてほしいと思う。
僕は今後も読み続ける。

サト

100 件中 1 件~ 20 件を表示