サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂書店 京都店店員

書店員:「ジュンク堂書店京都店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|京都店

もうすぐ夏至だ 永田 和宏 (著)

もうすぐ夏至だ

一日が過ぎれば一日減...

一日が過ぎれば一日減つてゆく君との時間 もうすぐ夏至だ  

『風位』『後の日々』などの歌集で知られる歌人永田和宏の初のエッセイ集。
?章では、同じく歌人で2010年に死去した夫人の河野裕子との出会いから、がん再発以後の様子が歌とともに綴られています。
「私の使命は、永田を一日でも長生きさせること」と語り、亡くなる日にも「ごはんは?」と聞いたという河野氏に対して、自分ができることは河野裕子という歌人を書き遺すことと、しっかり食べて自分を養うことだという永田氏の思いが印象的です。
31文字のなかに相手に向けられた深い愛情が感じられ、交わされたいくつもの歌を通して、いつも語り合い、見つめ合い、ともに過ごしたふたりの思いが浮かびあがってきます。
死の前日まで歌を詠み続けたという河野裕子。それを書き写した永田和宏。
ふたりの傑出した歌人が夫婦として最後まで寄り添った姿がそこにはありました。
?章では、新聞掲載のエッセイを中心に、京都の暮しの中での情景が色彩豊かに描かれます。

文芸担当

100 件中 1 件~ 20 件を表示