サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂書店 京都BAL店店員

書店員:「ジュンク堂書店京都BAL店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|京都BAL店

クローバー 島本 理生 (著)

クローバー

モテメイクとモテファ...

モテメイクとモテファッションで精一杯恋に生きる姉の華子。理系の大学生で「大学院か就職か」に悩む弟冬治。この双子を中心に物語は展開します。華子にベタ惚れなのに振り回されて喜んでいる公務員の熊野や、冬治に接近してくるコミュニケーション下手な雪村、華子に八つ当たりばかりする生意気な従兄弟のなど、個性的な登場人物が現れて騒動を巻き起こします。それぞれのエピソードははじけて見えますが、実は結構深刻で青春もそろそろ終わり?みたいなモラトリアムの終焉を意識した冬治の心理描写が、物語に絶妙な陰影を与えています。そのため、ただ「面白かった」だけでない深みがでているような気がします。
華子の我が儘の裏側にある不安、優しいだけに見える冬治のエゴ、鈍感そうな熊野の繊細さ、弱弱しいはずの雪村の底力、など。人間には、色々な側面があって、それを様々な場面で見せ合うことで互いの関係性が小説のように変化していくことに気付かされました。
読後に、なんとなく元気になる1冊でした。

京都BAL店文庫担当

100 件中 1 件~ 20 件を表示