サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店店員

書店員:「MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店」のレビュー

ジュンク堂書店
MARUZEN&ジュンク堂書店|梅田店

松田優作と七人の作家たち 『探偵物語』のミステリ 李 建志 (著)

松田優作と七人の作家たち 『探偵物語』のミステリ

 松田優作といえば真...

 松田優作といえば真っ先に「探偵物語」が出てくる諸兄は幸せ者だ。テーマ曲からベスパや服装など語りだすときりがない。そんな優作の魅力と不可分に語られてきた作品を脚本家ごとに分析する本書は社会学者の手によるものである。
 佐治乾、丸山昇一、那須真智子、柏原寛司、内田栄一、宮田雪、そして原作者・小鷹信光を分析し、最後に松田優作自身の出自と作品との関係性へと至る。
 切り口自体は興味深いが、各脚本家への掘り下げ方が実に甘くただのポジション論に収まっている。他の作品との関係性などより多角的に分析もできるだろうに。第八章「松田優作=工藤俊作の身体」がそれまでの章とほとんど無関係にマイノリティ論を唐突に展開するのに閉口する。松田自身は自身の国籍問題などでなくあくまで作品をよりよくするためお気に入りの監督や脚本家を集めたはずだが、著者は自身の論点を上位に位置しようとする。ならタイトルは再考すべきであろう。「意余りて言葉足らず」というところか。
 MJ梅田店 黒書店員 D

100 件中 1 件~ 20 件を表示