サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂書店 新宿店店員

書店員:「ジュンク堂書店新宿店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|新宿店

保守のヒント 中島 岳志 (著)

保守のヒント

その1冊を読んだこと...

その1冊を読んだことがきっかけで、他の本にも手を伸ばしたくなる。確かに読書はそういった衝動を伴うものではあると思う。この『保守のヒント』は、私にとってことのほかその力が強かった。
本書中では、著者中島岳志が影響を受けたという書籍が次々と取り上げられていく。こと橋川文三に関しては『昭和ナショナリズムの諸相』(名古屋大学出版会)など3冊の著作が、それぞれ1文をもうけて紹介されている。大佛次郎論壇賞受賞作『中村屋のボース』(白水社)などでも見せる著者の整然とした文章にひきこまれた。ところが、本書のために語りおろされた宮台真司との対談になると趣が変わってくる。同じ本の中に並ぶ文章からは想像がつかないほど熱い「中島岳志」その人の言葉が伝わってくるのだ。書かれた文章の中でも、その余熱を感じさせるのは「大川周明・幻の原稿」での一節。20代に古本屋をめぐり読みあさった大川周明。その幻の未発表原稿が著者の目の前に現れる瞬間は、読んでいるこちらにも震えが伝わってくるかのようだ。
ジュンク堂書店新宿店 人文書担当

100 件中 1 件~ 20 件を表示