サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

丸善 札幌北一条店店員

書店員:「丸善札幌北一条店」のレビュー

丸善
丸善|札幌北一条店

オルタード・カーボン 上 リチャード・モーガン (著)

オルタード・カーボン 上

ミステリを読む傍ら、SFに手を伸ばすことが稀にある

ミステリを読む傍ら、SFに手を伸ばすことが稀にある。
そんな所詮SFプロパーではない僕だが断言しよう。
少なくとも向こう十年、この作品を超えるサイバーパンク
(著者はフューチャー・ノワールと謳っている)小説は出ないであろう。
「姿の消えるスーツ」や「首のチップが無事なら何度でも違う身体に乗り換え可能」など
ガジェットは満載、しかしどれも特に新しいものではない。
『オルタード・カーボン』の素晴らしいところはサイエンスではなく、フィクションの部分であり、
SFとして均整がとれていて、なおかつ優れたハードボイルドミステリである点だ。
ハリウッド風SF映画に抵抗が無いならば誰でも面白く読める。
だからこそ生粋のSFファンには受けがよろしくないかもしれない。
最近こそ日本のSFは新しい風が吹いているようだが、読者数はひところと比べ激減しているという。
個人的には、SF小説の失墜を招いたのは本作のような「狭間のSF」がまだまだ少ないことだと考える。
海外ミステリ、ハードボイルド好きにこそ読んでほしいが、
ここから他のSFに繋がるのかというと、それは別の話だけれど。

サト

100 件中 1 件~ 20 件を表示