サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店店員

書店員:「MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店」のレビュー

ジュンク堂書店
MARUZEN&ジュンク堂書店|渋谷店

こんな気持ちが恋だった 川柳集 益田 ミリ (著)

こんな気持ちが恋だった 川柳集

ちょっとズルイけど、引用なしにはこの本の感触を

ちょっとズルイけど、引用なしにはこの本の感触をうまく伝えられないかもしれない。
 「また今度お茶でも飲もう 今決めよう」
 「読みかけているよに開いとくサガン」
 「帰りたくないことうまく告げられず」
 「そうだった こんな気持ちが恋だった」

最新作『オレの宇宙はまだまだ遠い』や『すーちゃん』で益田ミリの魅力にはまった人は、2002年刊行のこの作品に驚くかも知れない。なんと、川柳なのだ。

イラストも、現在とはかなり印象が違う。しかしながら言わせてほしい。これが益田ミリなのだ。

見落としてしまいそうな小さな感情を描くのがうまい人。僕の友達の女の子は益田ミリをそう評したけど、そんなミリちゃん(失礼ながら、その親近感からこう呼びたくなってしまうのです)の才能とやさしさは最初から変わっていない。コミックエッセイストとしてどんどん有名になっていくミリちゃんだけど、この人は実は文章が良いのです。

『お母さんという女』や『女湯のできごと』は名作だし、『わたし恋をしている』は『こんな気持ち~』をアップデートした恋愛エッセイの傑作(と言いきる!)。ことばも素敵、絵も素敵、益田ミリの初期の作品もお見逃しなく。

(評者:MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店 文庫新書担当 伊藤傑)

100 件中 1 件~ 20 件を表示