サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂書店 吉祥寺店店員

書店員:「ジュンク堂書店吉祥寺店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|吉祥寺店

ブルックリン コルム・トビーン (著)

ブルックリン

1950年代のアイルランドとニューヨーク。考えただけでも胸が躍る。大西洋を渡るのに、船で5日間かかる時代である。

1950年代のアイルランドとニューヨーク。考えただけでも胸が躍る。大西洋を渡るのに、船で5日間かかる時代である。
主人公の若き娘アイリーシュは、故郷のアイルランド・エニスコーシーを離れ、一人でニューヨークのブルックリンに降り立つ。勤め先の百貨店に初めて黒人女性がナイロンストッキングを買いに来る場面や、発展途上のコニーアイランドの様子など、この時代ならではの描写が楽しい。
物語の軸となるのは、一人の少女の自立と内面的な成長であるが、都会に対する憧れや郷愁、老いていく親に抱く悲哀と煩わしさ、地元の安心感と窮屈さなど、国や時代を越えた普遍性に満ちている。
終盤、魅力的なアイリーシュのあまりの奔放さとしたたかさ(俗に言うリア充)に少しイライラしてきたところで、とんでもない田舎社会の恐怖が待っていて、カタルシスを覚えるやら、可哀想になるやら。やはり自分はそっち側だと再確認させられた。

文芸書担当 西村

100 件中 1 件~ 20 件を表示