サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

書店員:「文教堂 浜松町店」のレビュー

文教堂
文教堂|浜松町店

もぐら (中公文庫)矢月 秀作 (著)

もぐら(中公文庫)

いま異常な売れ方をしている本がある。

いま異常な売れ方をしている本がある。中央公論新社刊『もぐら』である。

驚くべきことにこの作品、十数年前にノベルスで刊行されたときには全く売れなかった。今年になって大幅に加筆改稿され文庫で発売されると、書店パネル「絶望が生んだ最凶の男 こいつの強さはヤバすぎる」という文言が読者の関心を引いたのも手伝って、たった3ヶ月で10万部突破、シリーズでは3巻累計30万部の大ヒットになっている。(当店でも今年度売上げ全ジャンル第1位を驀進中!)

1964年生まれの著者は、「西部警察」やブルース・リー、ジャッキー・チェンの映画に夢中になった世代。本作品にもその影響が色濃く反映されている。

主人公・影野竜司は元刑事で、暴力もいとわず、過激な手段で問題を解決していくトラブルシューター。とにかく主人公の暴れっぷりがすごい。あり得ない強さを発揮して次から次へと敵を倒していく。爆破あり、戦闘あり、そして大どんでん返しありと息もつかせぬ展開に・・・。エンターテイメント小説の魅力がすべて詰まった一冊になっている。

十数年の時を経て甦った『もぐら』、一昔前のハードアクション好きな読者をがっちりと獲得して第六巻まで刊行が決定したとのこと。この勢いはまさに規格外、一気読み必至の傑作である。


(評者:文教堂書店 浜松町店店長代理 文庫担当 書店員歴15年 前田直希)

100 件中 1 件~ 20 件を表示