1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

書店員:「文教堂 市ヶ谷店」のレビュー

文教堂
文教堂|市ヶ谷店

悪の教典 上 (文春文庫)貴志 祐介 (著)

悪の教典 上(文春文庫)

著書が映像化されることも多い貴志祐介氏の作品

著書が映像化されることも多い貴志祐介氏の作品。本作も11月に映画公開予定である。インパクトのある黄と赤の表紙の上下巻を書店で見かけたことのある方も多いはず。

舞台は都内の高校、主人公は英語教師・蓮見(通称ハスミン)。ルックスが良く爽やかで、生徒思いの人気の教師である。というのは表向き。本当の彼は共感性が欠如しているため、円滑に学級運営を進める為なら殺人を含むような罪まで平気で犯すかなり危ない教師。そんな彼がある理由から、文化祭前夜にクラスを巻き込む大量殺人を決行する。まるで害虫駆除でもしているかのようにいとも簡単に生徒たちを殺していく描写は、不快感や恐怖感を覚える隙もないほど淡々としている。それゆえ、残忍で非倫理的、そう分かっているはずなのに、ページをめくる手は止まらず一気読み、さらには頑張れハスミン!と応援までしてしまう。

作中にはハスミンのほかにも問題のある教師が多く登場する。現実の教師でも、結局はただの一人の人間であるし、悪意の一つや二つは持っているだろう。しかし昔教わった優しかった教師たちが、実は裏では凶悪なことを考えていたりしたのかも…などと考えると少しゾッとする。ハスミンのような教師だけには、願わくは現実世界では出会いたくないものである。


(評者:文教堂書店 市ヶ谷店 吉永 文)

100 件中 1 件~ 20 件を表示