サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂書店  店員

書店員:「ジュンク堂」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|

亡命者たちのハリウッド 歴史と映画史の結節点 吉田 広明 (著)

亡命者たちのハリウッド 歴史と映画史の結節点

「B級ノワール論」に続く力作は亡命者とアメリカ映画の関係性を語るものである

「B級ノワール論」に続く力作は亡命者とアメリカ映画の関係性を語るものである。400ページを超える大著を続けて出す蛮勇に吃驚する。
 著者が選んだ映画作家は30年代ナチスから逃れたラング、サーク、シオドマク、50年代赤狩りでアメリカを離れたドミトリク、ベリー、エンドフィールド、ロージー、60~70年代東欧から亡命したフォアマン、ポランスキーである。フィルム・ノワールを好む著者の嗜好が表れる。
 ハリウッドシステムがジャンルという構造を作家に強いる装置として働く場合、それは作家に変容と作家性の維持という矛盾する命題を突きつける。本書で主に犯罪映画作家を凝視することで、アメリカでその芸術が開花したドイツ系作家、ヨーロッパでもジャンル映画の枠組を必要としたエンドフィールドとジャンルを超えた作家性を発揮したロージー、ジャンル映画を超える作品を求められながらハリウッド自体が変質した時代のフォアマンとポランスキーという構図が見えてくる。
 作家論の充実ぶりに対しアメリカ映画論としての戦略はやや弱い。構造よりも作家論に傾倒する作者の姿勢はしかし反時代的だが心地いい。
   黒書店員 D

100 件中 1 件~ 20 件を表示