サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂書店 池袋本店店員

書店員:「ジュンク堂書店池袋本店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|池袋本店

家族の勝手でしょ! 写真274枚で見る食卓の喜劇 (新潮文庫)岩村 暢子 (著)

家族の勝手でしょ! 写真274枚で見る食卓の喜劇(新潮文庫)

怖い、不気味、知りたくなかった。人生でもっとも嫌な本と言われたら

怖い、不気味、知りたくなかった。人生でもっとも嫌な本と言われたらたぶんこれをあげるだろう。

著者は1998年から家庭の食卓調査を継続してきた。本書では2003年以降、直近の調査による274枚ものナマ写真で現代家族の食卓事情があらわれる。これが、「家族の食卓」というものへのイメージをくつがえすひどさ、貧しさなのだ。写真を撮って提出する、というのがこの調査のポイントである。その結果、本人による文章や統計ではわからないことまで、恐ろしいくらいはっきりと浮かび上がる。たとえば、「焼き魚を食べた」は近所に住む両親(おじいちゃん・おばあちゃん)が焼いて身までほぐした状態で持ってきてくれること。味噌汁は「洗い物を増やさず合理的に」ひとつのお椀で回し飲みしていること……。

この本を読んでとても腑に落ちたことがある。最近の小説はやたらと「心をこめて料理したものを、誰かといっしょに食べる幸せ」を描くものが多いのだ。きっと本書がその理由なのだろう。こんなにも現実の食卓がひどいから、おいしい食事で絆を結び合うような物語が必要になるのだ。

あ、本書を読んで「うちはまともだぞ」と思ったお父さん、安心するのは早いですよ。恐ろしいことに「お父さんが居るとき・居ないとき」の違いまで紹介されています。さて、あなたの居ない日の食卓やいかに?


(評者:ジュンク堂書店 池袋本店 文庫・新書担当 北山志歩)

100 件中 1 件~ 20 件を表示