1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂  店員

書店員:「ジュンク堂」のレビュー

ジュンク堂
ジュンク堂|

孤独なバッタが群れるとき サバクトビバッタの相変異と大発生 前野ウルド浩太郎 (著)

孤独なバッタが群れるとき サバクトビバッタの相変異と大発生

バッタといえば中国でも「飛蝗」と呼ばれ度々飢饉の

バッタといえば中国でも「飛蝗」と呼ばれ度々飢饉の原因となった。あの映画「エクソシスト」の悪神パズズもバッタの具神である。
 それでは本書はバッタの恐怖を科学的に分析したものだろうか。否。著者がバッタ研究者の道を目指す過程を描いたものだが、著者にとってのバッタはただの研究対象ではない。小学校時代に読んだ雑誌で緑色の服を着た女性がバッタに群がれ服を食べられた記事を読んで、著者の抱いた感想が
「自分もバッタに食べられたい」…。
 実験室で孤独相と群生相の違いを研究する著者はバッタアレルギーによる蕁麻疹を「バッタの神に認められた研究者の証」とし、「虫の気持ちになればどこに卵を産みたいかわかる」という恩師にも恵まれ、危うく道を踏み外しそうになった夜のクラブの名は「アゲハ」。モーリタニアで飛び回るバッタを見て「目のやり場に困り興奮しっぱなし」という著者は現地の研究所の所長から「モーリタニアン・サムライ」としてミドルネーム・ウルドを頂戴する。
 270ページの「北斗の拳」のバットのような格好が著者だ。あとがきまでバッタ愛に溢れた本書は最高の冒険ノンフィクションだ。
  黒書店員 D

100 件中 1 件~ 20 件を表示