サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

丸善 丸の内本店店員

書店員:「丸善 丸の内本店」のレビュー

丸善
丸善|丸の内本店

縄文土器ガイドブック 縄文土器の世界 井口 直司 (著)

縄文土器ガイドブック 縄文土器の世界

国立科学博物館で縄文人展…

国立科学博物館で縄文人展が催されるなど、縄文土器、そして縄文文化についての関心が高まっているのだろうか。書店店頭でも本書の他にも縄文人の人骨の写真集が発売されるなど、縄文色が濃くなってきたように思う。縄文人展のサブタイトルが「芸術と科学の融合」であるように、縄文土器を芸術的に捉えるようなニュアンスがある。隆起した文様がついた縄文土器は、現代人から見ればどうみても使いづらそうであり、そこに縄文人の精神性を考えざるをえない。そこに現代人は芸術性を感じるのだと思う。だが縄文土器の全てに、凝った縄文が施されているわけではなく、貝殻文や押型文といった縄文以外の文様もある。

豪快かつ不思議な装飾が施される土器は、実は縄文時代中期の関東甲信越地方にみられる地域的なもので、これらを含めて日本列島には地域色豊かな縄文土器が分布している。縄文時代の人々は狩猟採集活動を中心とした生活を送っており、自然と共存し、そしてその生態系の中で暮らしていた。常に移動をしながら生活し、他の集落、他の地域の人々と交流していたために、互いの土器の作り方、装飾が混じりあい、多種多様な縄文土器を生み出されていったと考えられている。

本書は考古学に元々関心がある人、また縄文土器の美しさに心惹かれた人、さまざまな方向から縄文土器に関心をもった読者を満足させてくれるに違いない。


(評者:丸善 丸の内本店 人文書担当 喜田浩資)

100 件中 1 件~ 20 件を表示