サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

丸善 丸の内本店店員

書店員:「丸善 丸の内本店」のレビュー

丸善
丸善|丸の内本店

吉田 修一 (著)

路

「悪人」などの作品に…

「悪人」などの作品にみる事件の裏を描く社会派の作品ではなく、人間の絆を叙情的に描く作品である。舞台となる台湾は親日的なイメージもあり若い女性の中では最近人気があるがこの小説はそんな台湾の魅力を十分に味わえる。

いくつかの物語がこの小説の中にはあって、昔台湾で出会った青年を気にかけ転勤してきた春香、なれない海外生活につぶれかける商社マンの同僚、昔台湾に住み戦争で引き上げて来た老人など様々な物語が台湾に新幹線を走らせるというプロジェクトとともにつながっていく。台湾人の建築家や車輪工場員などの人々との交流のなかから彼らの寛容さ、温かさが伝わり幸せってこんな事かもと考えさせられる。

なかなか進まないプロジェクトにいらだつ企業。しかし直に必死に学ぼうとする台湾の青年たちと接している春香たちは憤りを覚える。「鉄道は機械が走らせているんじゃない、人が走らせているんだ。」この言葉がとても印象的だ。今色々な国や地域間の事が問題になっているが、私たちは近いアジアのこの台湾をもっと真摯に受け止めて学び、絆を深めて行かなければと思う。


(評者:丸善 丸の内本店 文芸担当 三瓶ひとみ)

100 件中 1 件~ 20 件を表示