サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

書店員:「文教堂 浜松町店」のレビュー

文教堂
文教堂|浜松町店

道をひらく 正 松下 幸之助 (著)

道をひらく 正

書店には1日約200点の…

書店には1日約200点の新刊が届けられます。そのなかで、10年、20年と棚に残る本は1パーセントにもみたないと言われています。
今回ご紹介させていただく本は『道をひらく』。発売から40年以上経ってもまだ売れ続けているすごい本です。(なんと202刷です!)
著者はパナソニックグループ創業者・松下幸之助さん。この本には私たち日本人を奮い立たせてくれる力強い言葉があふれています。

「大きな犠牲、大変な苦難があり、その困難に立ち向かったひとと何もしなかったひととのひらきができる。どんなときでも人一倍の知恵をしぼり、人一倍の働きを積み重ねてゆきたい」(P130)

「たえず自分をムチうって、力を精一杯出しきって、相手のひとにのりうつるぐらいの迫力ある働きをしたい。真剣な働きを通じて、自分の力が相手にのりうつり、そこに人の真の協力が得られる」(続・道をひらくP128)

松下幸之助さんの珠玉の言葉が、天災や人災、長引く不況で苦しんでいる多くの人びとの心に灯をともすことを願っています。
何十年と読み継がれている名著を是非読んでみてください。


(評者:文教堂書店 浜松町店 文庫担当 前田直希)

100 件中 1 件~ 20 件を表示