サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂  店員

書店員:「ジュンク堂」のレビュー

ジュンク堂
ジュンク堂|

神を哲学した中世 ヨーロッパ精神の源流 (新潮選書)八木 雄二 (著)

神を哲学した中世 ヨーロッパ精神の源流(新潮選書)

キリスト教が、アルプスの北側で…

キリスト教が、アルプスの北側でつくった世界こそ、今につながる「ヨーロッパ」だ、と著者は言う。ならば、アメリカを含むヨーロッパ世界が中心軸となっている今なお、いや今こそ、ヨーロッパをつくった「中世」という時代を、ぼくらは知る必要がある。
哲学の探求心と、熱烈な信仰心との共存の果実であった中世の神学は、しだいに活発になった市場経済が誘い出す庶民の欲望と、それを認めざるを得なくなる支配者たちの欲望の荒波をかぶり、「現実の世界全体」を相手にしなければならなくなっていった。それと並行して、「目に見えない不変こそリアルに在る」という世界観から、「目に見える個物こそリアルに在る」という世界観への劇的な転換が起こる。
中世と近代の間にあるのは絶対的な断絶ではない。近代科学の運動の考察にも神学の寄与があり、大国アメリカが推し進める「世界計画」の戦略性の淵源にはキリスト教の摂理の教えがある。中世がいかに近代を準備し、近代がいかに中世世界を変容したかを知ると共に、近代において信仰から自由になった哲学が理性だけでどこまでゆけるのかという問いを、今問い直さなければならないのではないか、と思う。

100 件中 1 件~ 20 件を表示