サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂書店 池袋本店店員

書店員:「ジュンク堂書店池袋本店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|池袋本店

閉経記 伊藤 比呂美 (著)

閉経記

ある対談集を読んでいたら…

ある対談集を読んでいたら、職場の人間関係で無関心でもなく、過干渉でもなく、あえて踏み込まない関係性がほっとするというようなことを書いてあった。それを読んで納得と思ったものの、世の中には相手が何も言わずとも、こちらがあれこれ持ちかけたくなってしまう人がいる。
伊藤比呂美さんはそんな人だ。

本書では、子どもたちが独立し、更年期を迎えた伊藤さんの生活がつづられている。
『おなかほっぺおしり』や『とげ抜き新巣鴨地蔵縁起』など女性の誰もが経験する可能性のある悩みを乗り越え、伊藤比呂美はなぜズンバを踊るのか。
突然紅茶きのこにはまったり、塩麹にはまってアメリカ人の夫に抗議されたり。更年期のカラダの声を聞きながら、好奇心がわけば韋駄天走りで飛び出し、片足どころか首までつかって突き詰めて極める伊藤さんはぜんぜんストイックな感じがしない。流れに身を任せながら、楽しんでいる気がする。
そんな風に生活する伊藤さんならどんな人の話にも耳を傾けともに泣き、笑い人生なんとかなると思わせてくれそうな気がするのだ。


(評者:ジュンク堂書店 池袋本店 文芸担当 小海裕美)

100 件中 1 件~ 20 件を表示