サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

丸善 丸の内本店店員

書店員:「丸善 丸の内本店」のレビュー

丸善
丸善|丸の内本店

空想の建築 −ピラネージから野又穫へ−展 町田市立国際版画美術館 (編)

空想の建築 −ピラネージから野又穫へ−展

球体のガラス張りの建物…

球体のガラス張りの建物や空中庭園、そういったSFに出てくる未来都市がいつか現実になるのだろうかと幼少の頃考えていた人はきっと少なくないはずだ。空想の建築、それは実は古代の頃より人々が思い描いてきたものであった。

本書は、そういった現実には存在し得ない建築を古代から現代まで集めた図集である。そこには様々に自由な建築が描かれている。荘厳な装飾をくまなく施した神殿の内部、どこまでも天井の高いパサージュ、巨大な樹木を内包したガラスの建築。何故私たちはこういった「あり得ない」建築に心惹かれるのだろうか。

それは、本書の言葉を借りていえば、「現実の建築」が創っているのは、我々の現実の「生活空間」であり、それがどんなに美しく作られていても常に「不完全」であり、「理想的」な空間ではない。だから、私たちは「建てられなかった建築」に理想的空間のイメージを重ねているのである。

理想と現実はいつもすれちがうけれど、だからこそ空想するのは面白い。本書をめくれば、どこにもない世界を旅行しているような気分が味わえるはずです。


(本書は町田市立国際版画美術館にて開催中の「空想の建築―ピラネージから野又穫へー展」をもとに構成されています。期間は2013年4月13日―6月16日まで。)


(評者:丸善 丸の内本店 理工書担当 山口静香)

100 件中 1 件~ 20 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。