サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

文教堂 カレッタ汐留店店員

書店員:「文教堂 カレッタ汐留店」のレビュー

文教堂
文教堂|カレッタ汐留店

価格の心理学 なぜ、カフェのコーヒーは「高い」と思わないのか? リー・コールドウェル (著)

価格の心理学 なぜ、カフェのコーヒーは「高い」と思わないのか?

― 980円は1000円よりたくさん売れるか? YES!でも何故? ―

モノの値段とは原価に利潤を加えたものだと単純に思っていたが実はナカナカ複雑である。価格設定は他社製品との競合によるポジショニング、消費者の価値意識(ベネフィット)等々の関数的要素により需要曲線は変化してゆく。この本には「チョコレートポット」という架空商品の販売計画を立てる上での価格戦略がセールスプロモーションと共に実践的に書かれている。鰻重の値段が(この本に鰻は出てこないが)特上・松・竹・梅、の4段階とすると顧客は一番上と一番下を対象から外し、残った松と竹の中から上を選択するのが一般的。つまり売る側はこの「松」をメインの商品として販売戦略を立てることになり、この戦略は容易である。

しかし消費者にとって、難しい選択もある。例えば、携帯電話の料金。自分の行動基準を考えて会社とプランを選択するが、実際にどの会社のどのプランが自分にとってお得なのかを正確に判断することはとても困難である。なぜなら、このセット料金には自分の行動上実際に使うものと結局は使わない「保険的」意味の料金がセットになっているからである。「セット料金」には実に様々なものがあるが、(フリーもこの中に含まれる)、このセット料金戦略こそ、売手と買手のバトルであり現在の販売戦略・価格戦略の最前線であるといえる。

社会学の宮台真司的に言えば消費に関しても我々は「任せて文句をたれる作法」ではなく「引き受けて考える作法」を身につけなければいけないのだ。消費者も賢さが求められる時代なのである。


(評者:文教堂書店 カレッタ汐留店 ビジネス書担当 森静男)

100 件中 1 件~ 20 件を表示