サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店店員

書店員:「MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店」のレビュー

ジュンク堂書店
MARUZEN&ジュンク堂書店|渋谷店

女子のキャリア 〈男社会〉のしくみ、教えます (ちくまプリマー新書)海老原 嗣生 (著)

女子のキャリア 〈男社会〉のしくみ、教えます(ちくまプリマー新書)

キャリアに悩む女性に…

キャリアに悩む女性に向けたものですが、むしろ男性にこそ読んでほしい本。なぜならその悩みを解決する鍵を握っているのは、男性だから。
もちろん女子にとっても、自分の気持ちをわかってくれているような語り口に心が軽くなる、おすすめの一冊です。

女性が働きやすい制度は整いつつあり、多数の両立支援策が取られています。けれど、やはり男性より一段軽く扱われたり、出産か仕事かどちらかしか選べなかったり、出産後復帰しても今までのようにはバリバリ働けなかったり。女性の悩みは尽きません。
なぜこんなに苦しいのか。著者は日本での女性の社会進出の歴史や現状を丁寧に説明することで、この理由を解き明かします。
今は過渡期であり、制度が整っても女性が働くことに周囲の意識や社会のしくみが追いつかず、そこに軋みが生じている。非常に腑に落ちる説明で、ここを読むだけでも気持ちがすっきりします。

欧米の先進事例から見ると、次のハードルは男性の意識改革だそうです。女性が働き続ける制度ができても、今も家庭を担うのは女性の役割のまま。女性が十分に働ける社会になるには、ともに負担を分かち合う男性の力が不可欠なのです。
色々と配慮をしていると思うかもしれません。でも真に理解できていなければ的外れにもなりがちです。
まずは女性の現状と悩みを理解するところから。本書を読めば、なぜ働く女性が苦しむのかがよくわかります。
女子の上司・部下・同僚であり、パートナーである男子の皆様、ぜひご一読を!


(評者:MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店 社会担当A)

100 件中 1 件~ 20 件を表示