サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店店員

書店員:「MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店」のレビュー

ジュンク堂書店
MARUZEN&ジュンク堂書店|渋谷店

山の帰り道 沢野 ひとし (著)

山の帰り道

それは山の帰り道…

それは山の帰り道。ビールでも飲もうかと思ったが、閑散とした駅前の商店街には人の姿すら見当たらないのだ。7月の午後、汗だけがとめどなく流れて、足はずっしりと重い。電車を待つ間、だれもいないホームでシャツを着替える。蝉の声。日傘を差したおばあちゃんが一人やってきてベンチに座った。
沢野さんの「山の帰り道」をザックから取りだして広げる。どうしてこんなに沢野さんが好きなのか。

旅に出る時、ちょっと長めのお休みに入る時、沢野さんの本があると、なんだか「やすみ!」という気持ちが増幅する。いつもの沢野さんの絵と文章。適当に見えて、本気を出した時のこの人の詩情は素晴しいのだ(なかなか出ないんだけど)。

そういえば昔、「お前は沢野さんにそっくりだ」と言われたことがある。仕事もせずにすぐ遊びに行っちゃうせいなのか、酒にだらしないせいなのか、それとも女好きだと思われているせいなのか。いずれにしろ、その時の僕は嬉しかった。だって、沢野さんに似てるってことは、間違ってないってことじゃないか。

電車が来た。「山の帰り道」は62ページ、穂高の話にさしかかってる。


(評者:MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店 文庫担当 伊藤傑)

100 件中 1 件~ 20 件を表示