サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

書店員:「文教堂 赤坂店」のレビュー

文教堂
文教堂|赤坂店

凶悪―ある死刑囚の告発― 「新潮45」編集部 (編)

凶悪―ある死刑囚の告発―

9月公開の同名タイトル映画の原作で…

9月公開の同名タイトル映画の原作で、著者自身の当事者手記ノンフィクション。

死刑判決を受け、上告中の被告が、自分の犯した凶悪事件の数々を、雑誌記者である著者に、告発を依頼するところから話は始まります。上告中の自身に、さらに追い討ちをかけることになるであろう、告発を依頼する目的とは何か?
拘留されている、この話の主役のひとりへの接見を通じ、その目的を察した著者が、自らの取材で判明していく凶悪事件の数々。映像化するに当たって、残虐なシーンをどう表現したのかという、不謹慎な興味も湧いてきました。

最後に著者は、昨今の出版業界の雑誌ジャーナリズムの衰退について述べています。
この告発が雑誌からの発信だったからこそ警察が動き、立件出来たと。雑誌には、まだまだ存在意義があり、社会に果たす役割は今後一層、大きくなると確信していると。
なぜ、そう思うのか?
ぜひ、読んでみて確認してください。
そして、映画との対比により、雑誌、書籍の存在意義を見つけていただけると、書店員としてこんなに嬉しいことはありません。


(評者:文教堂書店赤坂店 文庫担当 迫新一)

100 件中 1 件~ 20 件を表示