サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂書店 三宮店店員

書店員:「ジュンク堂書店三宮店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|三宮店

ラッセンとは何だったのか? 消費とアートを越えた「先」 Essays on works and reception of Lassen in Japan 原田 裕規 (編著)

ラッセンとは何だったのか? 消費とアートを越えた「先」 Essays on works and reception of Lassen in Japan

偉大?な画家への、初めての評論

クリスチャン・ラッセンは、言うまでもなく日本で最も有名な、かつ人気のあるアーティストの一人である。仮に彼の名前を知らずとも、鮮やかなブルーをメインに配色し、リアルなイルカやクジラが躍動するその絵は、美術に興味のない人でも一度は見たことがあるだろう。
 一方で、彼の絵を芸術的に評価する者は殆んどいない。専門家はもちろんのこと、我々のような素人でも、彼の絵を見て「上手い」「綺麗だ」とは思えども、「美しい」「深い」と感じる者はそう多くないように思う。どこかしら「軽さ」が漂うのだ。また、悪徳商法のモチーフにしばしば彼の絵が登場することを見ても、多くの人がラッセンに、芸術性よりも商業性を強く感じているのは間違いないだろう。
 本書は、何故ラッセンがそのような扱いを受けるのかをまとめた、本邦初のラッセン論である。これまで語ることすら恥と見られてきたラッセンを改めて分析し、作家性や人気を得た理由を知ることは、美術史論的に決して小さなことではないと感じる。ラッセンが大好きな人も大嫌いな人も、一読して「ラッセンとは何だったのか?」を改めて考えてみて欲しい。

芸術書担当 小松

100 件中 1 件~ 20 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。