サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂書店 池袋本店店員

書店員:「ジュンク堂書店池袋本店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|池袋本店

ひさしぶりの海苔弁 平松 洋子 (著)

ひさしぶりの海苔弁

十人十色とはよく…

十人十色とはよく言ったもので人の好みは様々であり、食に関しては論争を引き起こす。卵かけごはんの食べ方に始まり、お味噌汁の具、ラーメンのスープ、もう数限りない。だが、人のエピソードを通じて食の追体験をすると、違う派閥でも食べずにはいられない。
欲深くても良い、それが食欲だ。

食エッセイストの代表、「食を愉しみ、食を哲学する」平松洋子。本書は週刊文春の連載「この味」を単行本化したものだ。柔らかい語り口で軽妙に繰り広げられる食のエピソードは、想像するだけで唾をのむ。もちろん平松節も健在である。
きゅうり、豚足、油揚げ、鮭缶、れんこん、越前ガニ、パセリ、海苔弁、秋さんま、アスパラ、レモン、ジンギスカン、豚汁、湯豆腐、グリンピース、いくらバターごはん!

健康第一と叫ばれる世の中だが、平松洋子の追体験をし、食欲の赴くままに美味しいものを嗜んではどうか。尚、タイトルの「海苔弁」は東京駅構内KINOKUNIYAにて購入できるそう。


(評者:ジュンク堂書店池袋本店 実用書担当 中島理恵)

100 件中 1 件~ 20 件を表示