1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂 難波店店員

書店員:「ジュンク堂書店難波店」のレビュー

ジュンク堂
ジュンク堂|難波店

社会心理学講義 〈閉ざされた社会〉と〈開かれた社会〉 (筑摩選書)小坂井 敏晶 (著)

社会心理学講義 〈閉ざされた社会〉と〈開かれた社会〉(筑摩選書)

社会なくして個人なし、個人なくして社会なし

社会なくして個人はない。
人が意志を持つ主体であり、その意志に従って行動するというのは、神話にすぎない。理性的精神が行為を司るという近代的人間像は誤りであり、判断、行動はもちろん、認識さえも他の人の影響を大きく受けてしまうことが、社会心理学の実験の数々、最近では脳科学の実験においても、実証されている。
 その際、人は表層的には多数者の影響を受けるが、深層的にはむしろ少数者の影響を受けやすい。多数者の影響で社会は同一性を保持していくが、少数者には社会を変化させていくエネルギーが潜む。

 個人なくして社会はない。
当初社会の周縁で生息していた少数者が、やがて世界全体をも変えていく。共同体からはじき出される形で生み出された〈外部〉虚構こそが、社会システムの稼働を可能にするのだ。イエス=キリスト、ガリレオ=ガリレイ、カール=マルクス、ネルソン=マンデラ……。
 やはり周縁的な場所にある社会心理学も、社会学と心理学の分裂状態を止揚し、精神活動を生み出す身体と社会の関係を分析の根本に置くことによって、折衷的な態度を改めるができる。そして、心理と社会の矛盾を正面から見つめ、それらの相補性を見据えることで、社会心理学を人文学の使命を担うべきものへと引き上げる、小坂井が本書で展開するのは、そうしたスケールの大きな構想である。
 その使命とは、異質な生きざまへの包容力を高め、世界の多様性を受けとめる訓練を来たるべき世代に渡すこと、これである。

100 件中 1 件~ 20 件を表示