サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂書店 三宮店店員

書店員:「ジュンク堂書店三宮店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|三宮店

絶対城先輩の妖怪学講座 1 (メディアワークス文庫)峰守 ひろかず (著)

絶対城先輩の妖怪学講座 1(メディアワークス文庫)

読まず嫌いは損をします

“妖怪”と聞くと、何かおどろおどろしいイメージがあったので何となく敬遠してきました。しかし、友人にある本を薦められ読んでみたところ、今まで何ともったいないことをしてきたのかと後悔しました。
妖怪は実在するものではないので、作品に登場しても名前や伝承などで伝えられる容姿、いわれが出てくる程度で、物語そのものはそれらをモチーフにして事件が起こったり、謎解きをしていくだけのものであったことに改めて気付かされました。そういえば、アニメやマンガでもよく扱われますし、自分自身そういうもので親しんできたことを思い出しました。
さて、今作の主人公は妖怪やオカルトに詳しく、常にそれらに関する資料を読んでいるような人物。そのうえ、妖怪に詳しくない相手に滔々と話すところは妖怪ものの作品に共通するものなのでしょうか。きっと作者自身も妖怪が好きで、主人公に投影しているように思います。そして、主人公を通じて読者である私にも教えてくれている、そんな気がします。
物語として今後の展開も気になりますが、どんな妖怪が登場するのかも楽しみの一つです。

文庫担当:NT

100 件中 1 件~ 20 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。