サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂書店 三宮駅前店店員

書店員:「ジュンク堂書店三宮駅前店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|三宮駅前店

あしたも、さんかく 毎日が落語日和 (文学の扉)安田 夏菜 (著)

あしたも、さんかく 毎日が落語日和(文学の扉)

できれば三世代で読んで欲しい物語。

 クラスを盛り上げようと一人であれこれ頑張る圭介。でも、それをクラスのみんなからはありがた迷惑と言われて落ち込んでいる。そんなところへ、以前圭介のためにお母さんが貯めていたお金を自分の落語会のために使いこみ、そのことでお父さんと大喧嘩して以来行方知れずだったおじいちゃんが現れる…。
 頭に思い浮かんだことをそのまま口に出し、行動するのが子ども時代なのだとすれば、周りの人が思っていることを察して出来るだけ不快な思いをさせないようにするのが大人、ということなのか?と、「空気を読め」と圭介が言われた場面で考えさせられました。圭介のおじいちゃんは、まさに子どもがそのまま大きくなってしまったような人。そのために苦労させられたお父さんとの親子関係の問題とか、おじいちゃん自身の「落語」という芸に対する思いや生き方がどんな風に変わっていったか、など、大人が読んでも、むしろ大人の方が、考えさせられたり励まされたりすることが多いのでは、と思った作品でした。

児童書担当 池畑

100 件中 1 件~ 20 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。