サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

丸善 札幌北一条店店員

書店員:「丸善札幌北一条店」のレビュー

丸善
丸善|札幌北一条店

服用禁止 アントニイ・バークリー (著)

服用禁止

砒素って定番過ぎてなんだか安心(ミステリ小説に限る)

へんてこひねくれミステリ作家(褒め言葉)、バークリーの新刊です。
これでアンとニー・バークリー、及び他名義の作品でも未訳の長編ミステリは
DeathintheHouseのみになってしまいました(Wikiより)。
今回はシェリンガムもチタウィックも出てこないノンシリーズですが、
未訳だったのが不思議なくらいの佳作ではあります。ノンシリーズだからでしょうか?
派手さはないですがロジカルに進み、読者への挑戦なんかもあり、
それなりのどんでん返しもありまして、なんだかバークリーらしくないといえば
らしくないのですが、そこはひねくれ作家バークリー、本作の真価は犯人と探偵(役)の最後のやり取りでしょう。
読む人によっては「こんな終わり方でいいのか?」と思うであろうこの結末って、
ミステリ史上に結構な問題提起をしているぞっ!と感じるのですが、考えすぎでしょうか?(類似した作品があったらすみません、知りませんです)
ミステリ作家なら一度はチラッと頭をよぎるが、いやいやまさかね。無し無し。
と、常識ある作家ならあえて書かない結末をしれっと書いちゃうからセイヤーズに嫌われちゃうんだなぁとなんとなく分かります。
「フフッ」と笑っちゃう結末ですが僕は大好きですし、生涯忘れないであろう作品になりそうです。
万人向けではないですし(だってバークリーですから)
エッセンスだけなら短編でも十分な作品ですが、
ここを読んでいる好事家なあなたは読むべきでしょう。

サト

100 件中 1 件~ 20 件を表示