1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂 池袋本店店員

書店員:「ジュンク堂書店池袋本店」のレビュー

ジュンク堂
ジュンク堂|池袋本店

鈴木成一デザイン室 鈴木 成一 (著)

鈴木成一デザイン室

「マス・プロダクツとしての書籍」のビジュアル

15世紀にグーテンベルクが活版印刷を生み出してから、書籍は人間社会の中で大量に流通する、最も重要なメディアの一つとして存在してきました。詩や小説、散文や論文、美術や漫画など、様々な表現がこのメディアに詰め込まれ、マス・プロダクツとして社会にばら撒かれ続けてきたのです。

鈴木成一はキャリア30年を数えるベテランのブック・デザイナーです。本書は彼が手掛けてきた数々の書籍装丁の中から約150点をピックアップし、彼自身の言葉でそれらに解説を加えた1冊となっています。
印象に残るのは、彼の言葉の端々に感じられる、「自分は作家として『作品』を生み出しているのではなく、仕事として『商品』を手掛けているのだ」という矜持のような想いです。私たちは「装丁」や「ビジュアルデザイン」というような言葉を耳にすると、つい作家主義的な自意識やアーティスティックな思想を連想してしまいがちですが、鈴木は自身の仕事を、「町工場みたいなもの」と表現するのです。

本稿の冒頭で述べたような「マス・プロダクツとしての書籍」のビジュアルを、その書籍が出来うる限り多くの人々の手に渡るような効果的な形にするために、職人のように丹精を込め、粛々と手掛けていく。社会の中で流通するメディアとしての書籍について、それに詰め込まれた中身からではなく、それを包み込んでいる外身の方から、改めて考えさせてくれる1冊です。


(評者:ジュンク堂書店池袋本店 芸術書担当 下田裕之)

100 件中 1 件~ 20 件を表示