1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

書店員:「文教堂北野店」のレビュー

文教堂
文教堂|北野店

自閉症の僕が跳びはねる理由 正 会話のできない中学生がつづる内なる心 東田 直樹 (著)

自閉症の僕が跳びはねる理由 正 会話のできない中学生がつづる内なる心

もっともっとたくさんの人に読んでもらえることを願っています

この本に出会ったのは、NHKの番組「君が僕の息子について教えてくれたこと」でした。どのような内容だったのかというと、

「自閉症である自分自身の心の内をエッセイに書いた東田直樹さんと、それを英訳した作家のデイヴィッド・ミッチェル氏の交流を描いた番組です。自身も自閉症の息子を持つミッチェル氏は、この本を読み息子の気持ちがわかってきたと言います。日本の若者と外国人作家の出会いから生まれた、希望の物語」

(NHKオンラインから引用)とあります。20か国以上で翻訳されベストセラーになっています。私たちが抱く自閉症児のイメージとはまったく違う。豊かな感性、客感性、独創性、強さ、優しさ、家族への愛にあふれた内容の本です。放送直後は入手しにくかった本書も重版され今では手に取ることができるようになっています。

副題は「会話のできない中学生がつづる内なる心」現在24歳の彼が中学生の時につづった内なる心のその広大さに驚きをかくせませんでした。会話はできなくても「筆談」を母親と訓練の末に習得。その後文字盤やパソコンによるコミュニケーション方法を使って、そのまま執筆へとつながっているようです。おおまかに言うと、言葉、対人関係、感覚、興味・関心、活動についての五章と短編小説で構成されています。「自閉症を個性と思ってもらえたら、僕たちは、今よりずっと気持ちが楽になるでしょう」東田君のこの言葉にハッとしました。自閉症児を抱えるご家庭だけでなくもっともっとたくさんの人に読んでもらえることを願っています。


(評者:文教堂書店北野店 若木ひとえ)

100 件中 1 件~ 20 件を表示