サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂 池袋本店店員

書店員:「ジュンク堂書店池袋本店」のレビュー

ジュンク堂
ジュンク堂|池袋本店

紙の本は、滅びない (ポプラ新書)福嶋 聡 (著)

紙の本は、滅びない(ポプラ新書)

いま、自身を取り巻く環境を、見つめていますか?

本が、問いかけます。いま、自身を取り巻く環境を、見つめていますか?

『紙の本は、滅びない』は、現役書店員の福嶋さんが、書店や出版、本を取り巻く現状を透徹した視点で語る本です。
冒頭で、福嶋さんは希望を含んだ問いを投げかけます。
「今やぼくたちは、問いの方向を180度変えなければならないのではないだろうか?「なぜ、本が売れなくなってきたのか?」から、「なぜ、今でも本が売れるのだろうか?」へと。(中略)絶望的な断末魔の叫びでもない。書店の店頭に立つ者として、書物という商品の力を本気で信じているからこそ、その力の源泉を明らかにしておきたいのだ」と。

問いへの答えは、何でしょうか。
本好きのお客さまがいらっしゃるから? 電子書籍は普及しないから?
そんな楽天的で、単純な答えを、福嶋さんは淡々と否定していきます。現場で働く人の言葉、売り上げの数字、業界を知る人が出す書籍。悲壮感も決意も喜びも、自身が触れたものから、ことばを探り、綴っていきます。末尾の答えよりも、本の内容が、答えを示していました。

書店は、私の職場です。その分、内容はとても身近です。ですが、この内容が別の話になった時、同じようにその環境を、見つめていけるでしょうか? 自分自身の生活の場に、この視点を持ち込めるでしょうか?
大先輩の真摯なことばの裏には、妥協せず、周囲をみつめる目があります。見つめ続ける、情熱があります。何よりも、その目と熱、私は見習っていきたいです。


(評者:ジュンク堂書店池袋本店 文庫・新書担当 福岡)

100 件中 1 件~ 20 件を表示