サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂書店 池袋本店店員

書店員:「ジュンク堂書店池袋本店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|池袋本店

街場の戦争論 内田 樹 (著)

街場の戦争論

想像力の使い方

内田さんの文章で最も心惹かれる筆致、文体のようなものがある。内田さん御本人は「それは違うよ」と言われるかも知れないけど、今回の「戦争論」は、『昭和のエートス』(バジリコ 2008年)中の「私的昭和人論」で述べられたことの延長上にあると、そう思う。

「昭和人論」でも「戦争論」でも、内田さんは自分より一つ二つ上の世代の人たちが生きた時代のことを、追想的に迫ろうとする。その迫り方を「想像力の使い方」(『街場の戦争論』p281)とも云われるが、僕にはその姿勢の中にある種の祈りというか、供養と表現出来るような心情が織り込まれていると、妙に感じてしまう。そしてその筆致、文体こそ、最も心惹かれるものの正体なのである。

最後に。「私的昭和人論」と『街場の戦争論』が発表された時期は、それぞれ自民党安倍内閣の政権時に当たっている。この符号をどう捉えるか。本書の教育的効果の一面がここに表れていると感じるのは、有意であろうか?


(評者:ジュンク堂書店池袋本店 平崎真右)

100 件中 1 件~ 20 件を表示