サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

文教堂 カルチャーエージェント みなとみらい駅店店員

書店員:「文教堂みなとみらい駅店」のレビュー

文教堂
文教堂|カルチャーエージェント みなとみらい駅店

ウラミズ (角川ホラー文庫)著者:佐島 佑

ウラミズ(角川ホラー文庫)

ホラーの新しい幕開けを感じさせる快作

角川ホラー文庫は常に斬新なホラー作品を出し続けている革新的なレーベルだ。
そこからまた思わず唸らせられるような逸品が出た。
佐島佑の「ウラミズ」がそれだ。
哀しくも美しいイメージの表紙イラストと、キャッチーなタイトルに惹かれて読んだ。

「霊が視えてしまう真城と、視えないけれどペットボトルの水に霊を溶かす力を持つ早音。その水を二つ混ぜることで強力な霊を発生させる"ウラミズ"を作り出した二人は、その水を売ってみようと思いつくが……。」

導入部分は目新しい感じもなく、ありきたりな退魔師モノを手にしてしまったかと思った。過度な期待もせず、読みやすい文章に乗っかってサクサクと読み進んでいくと、途中から随分と変わった展開になってくる。
ちょっとダメな人間の香りがする3人がチームを組んで、幽霊狩りを始めるのだが、まず3人のダメっぷりがリアルでいい。
多くの小説は登場人物が、キャラ立ちバリバリで個性が溢れ過ぎている場合が多い。しかしこの「ウラミズ」は実に自然だ。例えるなら、知り合いとして話を聞くぶんにはいいが、友達にはなりたくない奴らだ。

微妙に共感出来るが、いまいち好感が持てない。中途半端ぶりがリアル過ぎて笑えてさえくる。そんな面々が、霊を敬いも恐れもせずに、道具のように扱って商売を始める。ついつい吹き出してしまったセリフなどもあり、これはコメディホラー路線なのかと勘違いしたくらいだ。
そして中盤を過ぎたあたりから、話の展開というか雲行きがあやしくなってくる。これはどこにでも転がっているホラー小説じゃないぞと、この辺から僕は居住まいを正して読み始めた。結論から言うと、「ウラミズ」は中盤から俄然面白くなる。
影のある美女、ヤクザなどが出てきて、物語の着地点がまったく想像出来なくなる。常に予想の斜め方向に向かうような展開で、もうここからはラストまで一気読みだ。
果たしてハッピーエンドで終わるのか、それともバッドエンドなのか。それはぜひ読んで確かめてほしい。
ホラーの新しい幕開けを感じさせる快作であることは間違いない。


(評者:文教堂みなとみらい駅店 中川浩成)

100 件中 1 件~ 20 件を表示