サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂書店 福岡店/MARUZEN 福岡店(文具)店員

書店員:「ジュンク堂書店福岡店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|福岡店/MARUZEN 福岡店(文具)

散り椿 (角川文庫)葉室 麟 (著)

散り椿(角川文庫)

それぞれの生き様に、思わずこころが震える時代小説

上役の不正を訴え、藩を追われた主人公瓜生新兵衛は、病床にある最愛の妻である篠から、故郷の散り椿をみに戻ってほしい、そして篠がかつて想いをよせ、新兵衛の友人でもあった采女を助けてやってほしい、と頼まれる。
妻を看取った後、18年ぶりに帰藩した新兵衛は甥の坂下藤吾とともに藩主代替わりに伴う対立に巻き込まれていくこととなる。

タイトルにもある「散り椿」とは花がまるごと落ちる普通の椿とは違い、一枚一枚花びらがちっていく椿のことである。
本文の中に「散る椿は、残る椿があると思えばこそ、見事に散っていけるものだ」という台詞があるが、
この言葉にひめられた二つの意味を知ったとき、ひとを愛するとはこういうことなのか、とはっとする思いだった。
愛するひとが大切にしているものは、自分にとっても大切なものだ、と、嫉妬に身をこがしながらもそう言い切った者と、たとえ誤解をまねこうとも愛するひとを守り抜きたいと願った者。
それぞれの生き様に、思わずこころが震える時代小説だった。

100 件中 1 件~ 20 件を表示