サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. 書店員レビュー一覧

書店員レビュー一覧

丸善・ジュンク堂書店・文教堂書店の書店員レビューを100件掲載しています。120件目をご紹介します。

検索結果 100 件中 1 件~ 20 件を表示

ジュンク堂書店 三宮店店員

書店員:「ジュンク堂書店三宮店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|三宮店

ザ・富士山 対決!北斎vs.広重 赤坂 治績 (著)

ザ・富士山 対決!北斎vs.広重

なかなか興味深い

 「祝!世界遺産!」と、オビに書かれているように、昨年から富士山を扱った書籍、アイテムは数え上げたらキリがない程、出版されていますが、本書はそんな中でなかなか興味深い構成をされた書籍である。
 葛飾北斎と歌川広重、共に浮世絵界のスーパースターであらせおられるが、北斎は「富嶽三十六景」において世界的に有名な赤富士や黒富士、神奈川沖浪裏などの傑作がすぐに思い浮かびますが、広重はどうだったかなと思いを巡らせると遠近法を駆使した近像拡大型構図を得意として「不二三十六景」「富士三十六景」と富士山を題材とした連作の他にも代表作の「東海道五拾三次之内」や「江戸名所百景」でも富士山を描いており、日本人にとっての富士山はやはり特別な何かがあるのかなぁと思います。
 そんな富士山に的を絞っての今回の対決、それぞれ同じ場所から同じ富士山を描いているのにこうも違うものなのかと両者のイマジネーション、作風、得手不得手などが複雑に絡み合って名作、傑作、が生まれて行くのだなと思いました。

芸術書担当 宇嵜

100 件中 1 件~ 20 件を表示